しれとこ100平方メートル運動ロゴ

お知らせ

2022年度 知床自然教室の開催ついての続報

今年の知床自然教室の開催について、コロナ禍でも実施できる内容・体制を検討しております。

5月中旬には募集を開始する予定ですので、もうしばらくお待ちください。

 

なお、コロナ対策を徹底するために募集人数を減らしての開催となる可能性が高く、公平を期すために、申し込み締め切り日(6月上旬ごろ)を設けて、抽選によって参加者を確定することを検討しております。

これまでの自然教室のようには活動できない状況も多々あるとは思いますが、コロナ対策を徹底した上で実施できる活動を模索したいと考えております。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

YAMAP支援プロジェクト 講演会レポート

2月に開催されたYAMAP「知床の森を育てる in 北海道」プロジェクトのweb講演会のレポートが公開されましたので、お知らせいたします。

「しれとこ100平方メートル運動」の歴史と今、これからを紐解く|DOMO講演会レポート

 

今回の講演会では、「しれとこ100平方メートル運動」の始まりから現在までに至る森林保全の取り組みについて発表しました。当運動が44年間も続いている理由について質問され、大人から子供まで参加できる交流事業や、森通信による活動報告を続けて、繋がりを大切にしてきた経緯を伝えました。あらためて世代を引き継いで支援していただいていることの有難さを認識するとともに、他の地域での森林保全活動にとっては参考になるノウハウが知床にはあるのだということを実感しました。

YAMAPによる「知床の森をつくる in 北海道」プロジェクトは、4月から本格的に動き出します。プロジェクトによる取り組みについては、随時ご報告させていただきます。

 

森づくりの道 冬コースOPEN

1/29から森づくりの道の冬季2コースがご利用いただけます(スノーシューや歩くスキーなどの雪歩き装備が必要なコースです)。

◎開拓小屋コース 約5km / 約3時間

遊歩道内には開拓当時の住居や小屋があり、開拓当時の様子に触れながら歩くことができる遊歩道です。

◎冬の森コース 約2.5km / 約2時間

森づくりの現場を見ることができる冬期限定の遊歩道です。アップダウンに富んだコースで、野鳥観察にもおススメです。

 

※吹雪などの悪天候の場合は、コースを閉鎖することがあります。

コースや装備についての詳しい情報が必要な方は、知床自然センターへお立ち寄りください。

出発地点の自然センターでは、スノーシューのレンタル(有料)をしております。

YAMAP支援プロジェクト 講演会のご案内(YouTube配信)

YAMAPアプリユーザー21,700人による支援(DOMO)をいただき、YAMAPによる100平方メートル運動への支援プロジェクトが正式に決定しました。現場でのプロジェクトの始動は4月からとなりますが、その前に以下の講演会が開催されますのでお知らせいたします。お時間のある方はぜひご視聴ください。

 

\ DOMO講演会 YouTubeライブ配信のお知らせ /

 

DOMO支援プロジェクト「知床の森を育てる in 北海道」の提携パートナーである斜里町役場より南出康弘氏、知床財団より中西将尚氏、草野雄二氏をお招きし、「しれとこ100平方メートル運動」に取り組む想いやこれからの展望をお聞きするDOMO講演会を開催します。

 

 

【開催日時】

2022年2月1日(火)20:00 〜 21:30 

 

【参加方法】

YouTubeライブ配信(無料)

▼配信用URL
https://youtu.be/BFfRStnkoSk

 

【登壇者】

・斜里町環境課長 南出康弘氏
・公益財団法人 知床財団 保護管理部参事 中西将尚氏
・公益財団法人 知床財団 自然復元係主任 草野雄二氏

・株式会社ヤマップ代表 春山(対談パートナー)

・株式会社ヤマップ 小島(司会進行)

 

 

【プログラム】

◆第一部 20:00 ~ 20:40

  1. オープニング
  2. 登壇者のご紹介
  3. しれとこ100平方メートル運動の取り組みやDOMO支援を行う活動内容について

 

◆第二部 20:40 ~ 21:30

  1. 登壇者とヤマップ代表春山の対談
  2. 質疑応答
  3. クロージング

 

【しれとこ100平方メートル運動について】

リゾート開発や土地投機の危機から知床の土地を守るために始まったのが、100平方メートルずつ土地を買い上げる「しれとこ100平方メートル運動」です。自治体が主導するナショナル・トラスト運動は世界でも珍しく、大きな注目を集めました。

1977年より始まった運動は、全国約49,000人の方々から寄付を受け、運動開始33年で開拓跡地(約470ヘクタール)の買い取りを完了しました。

現在は豊かな森を再生するための植樹や、生態系復元のための取り組み、鹿の食害を防ぐ防鹿柵のメンテナンス、運動地内を歩けるコースづくりなどの活動を行っています。

 

今回のDOMO講演会では、しれとこ100平方メートル運動が立ち上がった経緯や背景はどのようなものか。
また、DOMO支援プロジェクトで手がけるしれとこの植樹や防鹿柵は、どの場所に、どのような活動をおこなっていく予定なのか。登壇者の皆様からお話をお聞きしていきます。

 

2022年度 知床自然教室の開催に関するお知らせ

2022年度の知床自然教室ですが、2022年7月30日(土)~8月5日(金)の日程で開催を予定しています。ただし、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行えるイベント内容・体制を検討する必要があるため、募集のご案内は4月以降にあらためて行う予定とさせていただきます。開催を楽しみにしてくださっている方が多くいらっしゃることは重々承知しておりますが、現時点では明確なご案内ができない旨、ご了承いただきたくお願い申し上げます。

 

 

今後の情報につきましては当ホームページの他、各SNS等でも随時ご案内いたします。

<100平方メートル運動のSNSはこちら>
▷ ツイッター/Twitter
▷ インスタグラム/Instagram
▷ フェイスブック/Facebook

 

その他、ご不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

〇お問い合わせ先
公益財団法人知床財団 自然復元係
メール:info@shiretoko.or.jp

ボランティア募集(2021年度 冬)「森づくり」

知床財団の職員と一緒に森づくりボランティア活動をしませんか?今回は冬の活動のご案内です。

活動内容は、間伐作業や「冬期森づくりの道」のコース看板設置作業などを予定しています。

なお、新型コロナウイルス感染症予防対策を講じた上で活動を実施します。

知床への往来については、国や各自治体の行動指針に従ってご検討ください。

若干名の募集になります。ご関心のある方まずはご一報ください!

 

アカエゾマツ造林地の間伐作業

「冬期森づくりの道」看板設置作業

 


【募集日時/活動内容】*募集人数:若干名

<2022年:冬>
① 1 月22日(土)~ 23日(日) 「冬の森づくりの道」コース看板設置作業など

② 1 月29日(土)~ 30日(日) 「冬の森づくりの道」コース看板設置作業など
③ 2 月12日(土)~13日(日) 間伐作業・防鹿柵・樹皮保護ネットの補修など
④ 2 月19日(土)~ 20日(日)間伐作業・防鹿柵・樹皮保護ネットの補修など

【集合/解散時間】 9時頃 / 16~17時頃
【集合/解散場所】 知床自然センター ※最寄りのバス停・宿泊施設等への送迎可

【参加費】無料*

*初参加者はボランティア登録料2,000円が必要です。2回目以降は、ボランティア保険料含めて無料で参加できます。

【参加対象】18歳以上(※他地域への移動自粛要請が出ている地域からのご参加はご遠慮ください。)

【申込の前に】※下記の項目を必ずご一読ください。

・ボランティアの手引き

・新型コロナウイルス感染症対策について

【その他】
・天候によって活動内容を変更する場合があります。
・1日だけのご参加でも大丈夫です!
・ウトロの簡易宿泊施設(1泊600円~)の宿泊が可能です!*詳細はボランティアの手引き参照

・新型コロナウイルス感染症拡大により、中止する場合があります。予めご了承ください。

 

 

◆お問合せ・お申込み
知床財団ボランティア担当:中西・草野
info@shiretoko.or.jp

 

*年末年始期間は、お返事が遅くなる場合がありますのでご了承ください。

 

登山アプリのYAMAPによる支援プロジェクトが始まりました

登山アプリを運営している株式会社ヤマップからしれとこ100平方メートル運動への支援のお話をいただき、本日よりその支援プロジェクトが始まりました。

 

知床の森を育てる in 北海道 プロジェクト

 

YAMAP独自のポイントシステムであるDOMOポイントを、ユーザーが支援したいプロジェクトへ投ポイントし、目標DOMOポイント数に達したプロジェクトは実際に支援を受けられるという仕組みです。DOMOポイントは登山の活動日記を公開するなどの活動をすると、YAMAPからユーザーに与えられます。
山に登って、ぜひ知床の森づくりの活動を支援してください。

しれとこ100㎡運動地に関連する研究論文が発表されました

 横浜国立大学の鈴木紅葉さんらによる研究論文「The potential role of an alien tree species in supporting forest restoration: Lessons from Shiretoko National Park, Japan(世界自然遺産 知床の森における外来種の役割)」が発表されました。

 

 この研究では、しれとこ100㎡運動地において外来種であるカラマツが、

強風やエゾシカの過採食などに対する緩衝材(防風林や更新適地)として

機能し、自然林の発達を手助けする役割を持つことが明らかにされました。

カラマツのような外来種はすべて排除するのではなく、その有益性を

見極めた上で一時的に利用することで、自然林再生の効率化につながる

可能性が示されています。

 

 鈴木紅葉さんをはじめとする横浜国立大学の森章教授の研究グループのみなさん、

貴重な研究成果をご報告いただき、ありがとうございました。

知床自然教室(2021年度)の開催中止について

知床自然教室は、「しれとこ100平方メートル運動」の参加者を対象に、

実際に運動地を訪れ、知床の自然や森づくりに触れる交流事業の一環で

開催されているキャンプイベントです。

 

2021年度の知床自然教室は、新型コロナウイルスの感染が拡大している

現状では、イベント受け入れのリスク管理を十分にとることができない

ことから、開催中止を判断させていただきました。

2年連続で開催が中止となり誠に残念ですが、ご理解のほどよろしくお願い

いたします。

 

自然教室の代替プログラムとして、Webミーティングなどコロナ禍でも

交流できる企画を考えております。あらためてご案内いたします。

 

スタッフ一同、知床の森で子供たちの笑顔が見られる日を待ち望んでいます。

しれとこ森づくりの道「シカ柵コース」OPEN(4/20~)

 本日より、しれとこ森づくりの道「シカ柵コース」をご利用いただける

ようになりました。

 しれとこ森づくりの道は、100平方メートル運動地の公開コースとして

開設しています。

 過去から未来へと続く知床と運動の歩み、そして森づくりの様子を多く

の皆さんにお伝えしていきたい、そんな思いが込められた散策路です。

 知床にお越しの際は、ぜひ散策してみてください。   

 

過去の記事