しれとこ100平方メートル運動

森林の再生

 開拓以前の森を取り戻すために、森づくりと、その移り変わりを記録する作業をしています。

森を育てる

針広混交林の形成

 1977年以降「しれとこ100平方メートル運動」では、取得した土地にアカエゾマツなどの針葉樹を中心に植え付けを行ってきました。1997年以降、本格的な森づくりが始まってからは、これらの木々に加え、広葉樹の植樹も行い、様々な樹種が入り混じる針広混交林が拡がる豊かな森を目指しています。運動で植えている広葉樹等の苗木は、運動地内の「苗畑」で育てており、オヒョウやハルニレといった広葉樹を中心とした苗木、約12000本を運動地各地の防鹿柵の中などの未立木地に植えこんできました。
 エゾシカの影響のため運動地内で苗木を植えられるのは防鹿柵の中に限られますが、現在では、防鹿柵に頼らない森づくりの手法として、針葉樹林に穴地(ギャップ)を空け、広葉樹の大型苗を植え込む方法が針広混交林の形成に向けた森づくり作業として成果を上げています。

作業風景

防風柵の設置

 また、一年を通して強い風が吹き下ろす草地などで木を立ち上げるための手法の一つとして、防風柵の設置も行っています。強い風が吹く厳しい環境の中では、ただ木を植えてもなかなか育ちません。風を止め、雪をためる防風柵を設置して、強風を妨げ苗木の生長を助けています。
 豊かな森を目指すために、試行錯誤を繰り返しながら場所毎に異なる様々な環境に合わせた手法で日々の作業を進めています。

防風柵

エゾシカ対策

 現在、特に多くの時間を費やさなければならない作業がエゾシカ対策です。知床半島に多く生息するエゾシカが苗木や樹皮を食べてしまうため、シカが好む木には「樹皮保護ネット」を巻き付けて保護を行っています。また「防鹿柵」と呼ばれるシカ除けの柵を設置し、柵内に苗木を植えこむなどしながら森づくりを進めてきました。防鹿柵はエゾシカが高密度に生息する状況下では有効な手段ですが、補修等のコストの面から防鹿柵を設置し続けることは難しくなっています。
 知床世界遺産地域の「エゾシカ保護管理計画」では、運動地を含む幌別・岩尾別地区もシカの個体数調整(シカの数を適当な生息数とするため間引くこと)の実施候補地として挙げられており、2012年1月より環境省事業として試験的なシカの捕獲が始まりました。現在、植生の回復状況を確認することによって捕獲の効果検証が進められています。今後も、シカの個体数動向と個体数調整事業の効果に注視しながら状況に合わせた森づくり作業を進めていく必要があります。

エゾシカ対策

【課題】森林再生の前に立ちはだかるエゾシカ

 「100平方メートル運動の森・トラスト」がスタートしてからの森づくりは日々エゾシカとの戦いでした。現在も運動地では広葉樹の苗を植樹しても防鹿柵の中でしかた生存できません。柵外で育つのはシカが好まないアカエゾマツなど(針葉樹)の苗のみです。運動の目標である針葉樹と広葉樹が交じり合った知床本来の森(針広混交林)の再生に向けて、広葉樹の苗を育ててきましたが、植え込む場所は、小さい苗であれば防鹿柵内に制限されているのが現状です。一方で大きい苗であれば樹皮保護ネットを巻き柵外に植えることができますが、大きい苗ほど労力とコストがかかるため移植の本数も限られてしまいます。防鹿柵を作りすぎることも設置や補修のコストがかかるため、むやみに増やすことはできません。また積雪期の樹皮食いにより自然林の衰退も懸念され深刻な問題です。森づくりは長い時間を要する作業が多くあり、エゾシカの動向を予測しつつ作業計画を立案することは大変困難な状況となっています。

鹿 木の皮を食べる鹿

森の様子を調べる

 エゾシカ対策を行いながら苗木を植え込む作業に加え、草本や木本などの生育状況の定期的な調査(モニタリング)を行っています。作業方法や、環境状況による木々の生育への影響のなどを明らかにし、運動地での最適な森づくりの方法や方向性を確認しながら一歩一歩進めています。

森づくり最前線!

一覧はこちら
運動地の定点撮影調査

運動地の定点撮影調査

 100平方メートル運動地では、それぞれの環境に合わせた森づくりを行っています。例えば、シカが小さな木々を食べてしまうため、なかなか木が育たない …続きはこちら

積雪深調査

積雪深調査

 積雪期には毎年積雪深調査を実施して防風柵の効果や積雪状況を調べています。一年を通して強い風が吹き下ろす草地へは、ただ木を植えてもなかなか育ちま …続きはこちら