しれとこ100平方メートル運動

生物相の復元

 開拓以降大きく数を減らした生きものたちや、また、全く姿を消してしまった生きものたちをかつてのように再び運動地の森で見ることがきるような状態にするための取り組みを行っています。

サクラマスの復活

 森が育んだ土から、栄養分が川や海に流れ込み、豊かな海で育ったサケ・マスは、川を遡上し、森に住む野生動物たちに大きな恵みを与えます。このように海と森が密接に繋がり、一体となった自然環境を有しているのが知床の特徴です。
かつて運動地を流れる川に生息していたサクラマスは戦後を境にその数を減少させ、ほとんど姿を消してしまいました。100平方メートル運動ではサクラマスを第1次復元対象種とし、サクラマスが再び知床の川に戻ってくることをめざし、発眼卵の放流などの試行とそのモニタリングを行っています。
 1999年から2001年までの3年間、合計10万匹のサクラマスの稚魚と約33万個の卵を運動地の川に放流しましたが、安定した再生産には至りませんでした。当時、その要因として、海での減少や河川環境の悪化、河川工作物(ダム)が障害となり遡上が妨げられていることなどが指摘されていました。
 その後、2005年の世界遺産登録をきっかけに、運動地内の川においてもダムなど工作物の改修が進んだことから、2008年よりサクラマス卵の放流を再開しています。放流後は、稚魚の生息も確認されているほか、まだ数は少ないものの再びサクラマスが川に帰ってくるようにもなっています。今後も継続的にモニタリング行いながら、生息状況の変化を追っていきます。

サクラマス 稚魚

カラフトマス・シロザケの自然産卵の促進

 サケ・マスの自然産卵の機会を増やすための取り組みも進めています。2000年中ごろまでは、岩尾別川河口にサケ・マス捕獲施設があったため、魚はそれより上流へは上がることができませんでした。そこで、100平方メートル運動では、そのサケ・マスを買い上げて上流へと移動させる作業を行っていました。しかし、その後、捕獲施設が改善され、サケやマスが自然遡上できるようになったため、自然産卵を促進する取り組みは岩尾別ふ化場(一般社団法人北見管内さけ・ます増殖事業協会)の自主的な取り組みとして引き継がれ、毎年実施されています。

自然遡上

第2弾の復元対象生物たちの実現可能性の検討

 サクラマスに続く第2弾の復元対象生物として、シマフクロウなど鳥類5種とカワウソ、オオカミの哺乳類2種が選ばれています。運動地周辺に生息している鳥類5種については、森づくり作業を進めていく中で生息環境を改善していくことになっています。
 カワウソ、オオカミについては、いずれも北海道では絶滅しています。現在、カワウソの導入可能性検討のための情報収集と基礎調査を進めています。導入のためには、人の生活への影響や法律の整備など、現段階で解決すべき多くの難しい課題があるため、今後も長い目で取り組んでいく必要があります。

自然